04/21/2021
Breaking News

移住先として宮崎県が勧められる理由とは

周囲には青い海が広がり、そして年間を通して晴れる日が多い宮崎県は、気持ちよく暮らせる移住先として人気を集めています。実際に宮崎県への移住を検討する人は多いようで、宮崎市ではそんな人々をサポートするために移住相談窓口を設けました。新天地を求める人に勧められることが多い宮崎県ですが、その理由は県が取り組む手厚い移住支援金制度にあります。

宮崎県では単身者、家族世帯の両方に対して移住支援金制度を用意しており、宮崎県内で新たな生活を始める際に単身者なら60万円、家族世帯なら100万円の支援金を支給しています。この支援金を受け取るためには条件がありますがそれほど難しいものではなく、対象となる宮崎県内の企業に就職したり、地域コミュニティに関する事業を新しく始めたりすることで条件を満たすことが可能です。また、宮崎県が力を入れている医療や福祉事業に携わることでも支援金の受給条件を満たすほか、宮崎県の特色とも言える農業や漁業の仕事に就くことでも支援金を受け取れます。

宮崎県への移住を考えている人にとって、このように幅広い職種を対象にした移住支援金制度が整っていることは嬉しいポイントと言えるでしょう。さらに、都城市や日向市といった地方自治体が独自に移住支援制度を展開していることも宮崎県の特徴で、県をあげて移住者のバックアップ体制を整えています。新たな地で生活を始めたいと考えている人は、支援制度が充実した宮崎県を検討してみるというのも方法の一つかもしれません。